受任件数7000件以上

自己破産について

債務整理が終わった後、ローンを組むことはできるのでしょうか。住宅ローンや子育ての計画がある方は特に気になる所かもしれません。
結論から申し上げると、金融機関では過去の返済履歴や借入の記録、現在の収入状況に基づいて審査を行うため、債務整理中はもちろん、返済完了後も債務整理の記録は「事故情報」として扱われ、一定期間はローンを組むことができません。

住宅ローン

債務整理の時、住宅ローンと引き換えにマイホームを換価するというケースもあります。また、手続き中は当然のことながら新規に組むことができません。しかし、債務整理が終わった後で新規に住宅ローンを組みたいというケースもあるでしょう。法律上、一定期間が過ぎれば問題ありません。ただし、長期間の返済計画であるため、金融機関側も慎重に判断することは理解しておきましょう。一度債務整理をしたところでは難しいものの、他へ行けば審査を通るという事例もしばしばあります。

カードローン

債務整理後、一定期間はカードローンやキャッシングが組めなくなります。ただし、こういった情報の保存期間が終了したら再度審査を行い、収入状況に応じてできるようになります。

自動車ローン

債務整理後、自動車ローンを組んでマイカーを購入したいという方も居るでしょう。借り入れや債務整理の履歴は5年程度保存されるため、その期間は審査できません。しかし、事故記録の保存期間が終われば本人の収入状況に応じて組むことは可能です。

ブラックリストとは?

金融機関同士は信用情報機関を介して債務整理などの事故情報を共有しており、これを参考資料として、借金の申込者に対して新規貸出の可否決定を行っています。これらの事故情報はブラックリストや「リストに載る」と呼ばれることもありますが、あくまでも俗称であり、正式名称としては存在していません。
返済の長期滞納や債務整理、代位弁済といった事故情報がある場合、債務者の信用度が著しく落ちており、これらを含む金融機関の保存情報は5年から7年と言われています。

債務整理後5年以内にローンを組みたい場合は?

事故情報の保存期間が5年と考えると、債務整理後、この期間内にローンを組むのは難しいでしょう。しかし、完済後、住宅ローンや自動車ローンのように生活に必要なものであれば、早期に審査に通るというケースもあります。ただし、本人の収入や生活状況に左右されます。

また、期間を過ぎてから借りようとして審査が通らないときも、金融機関を変える事で審査を通過する事もあります。逆に、保存期間内でも構わず融資を行う、という業者からは借りないようにしてください。

債務整理についてもっとよく知りたい

過払い金についてもっと知りたい方へ
相続相談室
はたの法務事務所 スタッフブログ
コンテンツ
  • 事務所案内
  • 求人情報
  • 認定司法書士案内
  • 報酬規定
  • お問い合わせ

  • 全国の裁判所一覧
  • 全国の法務局一覧
  • 全国の公証役場一覧
アクセス
東京事務所アクセス
無料メール相談
お客様の声