受任件数7000件以上

借金相談事例 借金のご相談・債務整理なら、はたの法務にお任せ下さい!

無職Gさん(63才)の場合

Gさんは、会社を定年退職してからは、たまにアルバイトをするくらいの悠々自適な生活を送っています。
特に悩みはないのですが、少し気になるのは借金のこと。
退職金で支払ってしまうことは可能なのですが、店舗の人間から頼まれて、付き合いで取引を続けています。
ある日、業者が、「この紙にサインいただければ残高0円にしますよ」と言われ、不思議な気がしたので専門家に相談してからということにしました。

借金相談前のGさんの負債額
C社80万円(消費者金融・残高0円の申し出あり・取引期間15年)
P社65万円(消費者金融・限度額・返済のみ・取引期間12年)
S社45万円(消費者金融・限度額・返済のみ・取引期間8年)

C社以外も遅れても電話もしてこなくなったので、不思議に思ったGさんは、専門家に話を聞いてもらうことにしました。
「相手方は、過払いのことをうやむやにしたいのでしょうね。せっかく認められた権利なんですから、請求してみましょう。」と言われ、それならばと任せることにしました。
結果やはり、過払いが発生していました。

お手続き後のGさんの負債額
C社取り戻した過払い金130万円
P社取り戻した過払い金110万円
S社取り戻した過払い金80万円

これにはGさんも驚きました。
残高0円どころか、100万円以上過払い金が取り戻せるなんて、全く思っていなかったからです。
Gさんは気になって、「なんで先生は過払いだと分かったのかね」と尋ねてみました。
「それはGさん、残高0円なんて借金が残っていたら先方からわざわざ提案しないでしょう。そこで債権債務なしとかにして、過払い金を取り戻しにくくしたかったんでしょうね。」
そんなこともあるのかと、若干Gさんは驚かれたようですが、実はこの手口、消費者金融会社が使う過払い封じの一つの手段なんですね。
すぐにサインせず、相談にこられたGさんが賢明だったということですね。

借金相談事例一覧

相続相談室
はたの法務事務所 スタッフブログ
コンテンツ
  • 事務所案内
  • 求人情報
  • 認定司法書士案内
  • 報酬規定
  • お問い合わせ

  • 全国の裁判所一覧
  • 全国の法務局一覧
  • 全国の公証役場一覧
アクセス
東京事務所アクセス
無料メール相談
お客様の声