· 

【債務整理のデメリットとは?】

【債務整理の相談をしたい時は?】

債務整理は借金問題の解決の手段ですが、若干のデメリットもあります。

任意整理・自己破産・個人再生など、どの債務整理を行なっても

その情報は個人信用情報機関に事故情報として登録されます。

「ブラックリスト」に登録されるとも言います。

そのことで発生するデメリットはいくつかあります。

【クレジットカードや住宅ローン、家族、自家用車に及ぶ影響】

信用情報機関に事故情報が登録される「ブラックリスト」入りしているので

新たにクレジットカードを作ること、また住宅ローンは組むことはできません。

 

「ブラックリスト入り」していると金融機関からの信用がなくなります。

おおよそ5年間は利用できませんが、一定期間が経つと登録は消えます。

消えた後は再利用は可能になります。

 

家族、保証人への影響が考えられます。

まず任意整理と特定調停は、整理対象の借金をこちらで選ぶことができるため

保証人の付いた借金を選択しなければ、家族や保証人に迷惑をかけないで手続きを進めることができます。

 

個人再生と自己破産は、全ての借金が整理対象になるため

家族、保証人に影響が及びます。

自分名義の持ち家の没収や、借金の支払い義務を代わりに背負う場合も考えられます。

 

持っている車についてですが

任意整理・特定調停の場合は自動車のローンが残っている場合でも

手続き対象から省くことができるので

没収は免れることが可能です。

 

しかし個人再生と自己破産では没収される可能性の方が高くなるので

車を残すことは難しくなるでしょう。

まとめ


債務整理を行うことで発生するデメリットについて書きましたが、かといっていつまでも

借金に生活を脅かされるデメリットの方が良くありません。

年収の3分の1以上の借り入れがある方、自転車操業状態 (複数の会社からの借り入れ)の方や、

毎月の収入が少なく、返済の余裕がない方は、デメリットを把握しつつも、

まずは無料相談することをおすすめします。

 

借金状態によって、適切な手続きは様々です。

借金問題のプロである弁護士、司法書士に相談して、

デメリットのなるだけ小さい、適切な方法を見つけましょう。


サイトメニュー

司法書士

幡野 博文

認定番号第401159号・東京司法書士会所属

登録番号 東京 第1545号

電話番号

0120-963-164

東京本店

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階

営業時間

10:00~22:00

ご相談受付時間

365日 24時間受付可