借金相談解決事例集

借金相談 体験談:Aさんの場合


Aさんご夫婦は600万円以上の多重債務を抱えて相談にいらっしゃいました。

利子を返すのも手一杯でしたが、債務状況を伺うと10年も返済を続けているとのこと。 直感的にこれはかなりの減額が期待できると思いました。

 

債権者との交渉の結果借金残高は60万まで減額されAさんご夫婦もとても喜んでいらっしゃいました。 どんなに希望を見出せないような状況でも専門家に相談することで一変することがあります。 悩む前に相談することが大切です。

借金相談 体験談:Bさんの場合


Bさんからの初めての相談電話は「自己破産したい」というものでした。

多額の借金に加え定期収入がなかったので「自己破産」を思いついたそうですが、 債務状況を伺ってみるとそれほど多額ではありませんでした。

アルバイトでも良いから仕事を見つけることと毎月1万5千づつ返済できる状況にすれば きっと解決しますから、と説得しリスクの大きい自己破産を思いとどまらせて任意整理に踏み切りました。

自己破産のデメリットは色々と取り沙汰されていますが、実は一番怖いのがヤミ金などの金融業者からのダイレクトメールです。返済せずに責任を逃れた人は再度借金を重ねることが多いのです。その上、今度は7年間は自己破産できないわけですからヤミ金からすれば取りこぼしのないおいしい相手と言えます。

安易に自己破産を決めず、なにが一番良い方法なのかしっかりと専門家に相談することが大切です。

借金相談 体験談:Cさんの場合


金融会社への返済が滞り始めた頃、催促のメールや電話が鳴り始めたというCさん。

携帯や家はもちろん会社にも電話がかかってき始めた頃にはもう日常の生活さえ困難になっていました。その話を聞いて、すぐにでも受任して日常生活を取り戻してあげたいと思ったのです。すぐにCさんと相談して受任通知を各金融会社へ送付すると催促がぱったりと止み、久しぶりに静かな夜を過せたと感謝して下さいました。

その後、再就職したCさんは生活に負担のない金額を毎月返し続け、今ではすっかり完済することができました。精神的に落ち着ける環境を作ることで返済にもいい影響を及ぼすのだと思います。

借金相談 体験談:Dさんの場合


精神的ストレスから解放されようと、お金を使ってしまって多重債務に陥るというケースは比較的よくあります。

Dさんの場合もまさにそのとおりで、借金を返さなくてはというプレッシャーから逃げ出すために買い物やパチンコなどに現実逃避を重ねていました。

給料日にはきちんと返済を心がけていても、借入れ限度額まで余裕があるとついつい引き出して使ってしまうのは既に依存症に近かったかもしれません。どうにかしないといけないと考えたCさんははたの法務に相談して任意整理をする決心をしました。

具体的な返済プランが出来上がると精神的なプレッシャーも軽くなり、着実に返済を続けて完済ももう目の前です。一緒に考えてくれる専門家がいるということは思いのほか大きな力となります。

その他、多くのお声を頂いております


  • もっと早くご相談すればよかったでした。お陰さまで、安定した生活ができるようになりました。
    スタッフの皆さまには、困った方のお力になって頑張ってもらえるよう、お体にも気をつけてください。

  • この度は、本当に有難うございました。カードローンの怖さなどをいろいろ考えさせられました。
    もう二度と繰り返さないように致します。

  • 奨学金を残して債務整理ができることを、知らなかったです。もっと早くご相談していればと思いました。
    わからないことは、お電話すると親切に対応して頂き、有難うございました。

  • 他の事務所に相談した時は、自己破産しかできないと言われ絶望でしたが、任意整理ができたことに感謝しております。

  • 真執に対応していただき、有難うございました。面倒だからあきらめ半分でしたが、やっぱり思い立ったのが良かったです。有難うございました。

  • 有難うございました。過払い金って本当に有ったのですね。
    書類のむずかしい内容にはびっくりしました。心よりお礼申し上げます。

  • 債務総額の約半分を支払う形にしてもらったので、月々の支払いがすごく楽になりました。

  • 当時は、生活も不安な状態でしたが、ご相談させて頂いてからすべての流れが変わりました。
    返済の督促から解放されて、日々の仕事に残力で取り組むことができました。
    お陰さまで事業も順調に進み、今では黒字まで回復しました。今後お世話になったことを心に留めて、頑張っていこうと思います!

  • 思ったよりも、早く返還することができて良かったです。いろいろと有難うございました。

  • お仕事帰り、かなり遅い時間なのに、ご対応して頂き助かりました。

  • あの時は、裁判を起こされて、どうしたらよいかわからずご相談させていただきましたが、
    親切に対応して頂き有難うございました。お陰さまで裁判所に行かないで済みました。助かりました。


サイトメニュー

司法書士

幡野 博文

認定番号第401159号・東京司法書士会所属

登録番号 東京 第1545号

電話番号

0120-963-164

東京本店

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階

営業時間

10:00~22:00

ご相談受付時間

365日 24時間受付可