サラリーマンHさん(48才)の借金相談事例

サラリーマンHさん(48才)の場合


Aさんは、営業職の正社員です。なにかと交際費が必要になるため、始めは信販系のカードを利用していましたが、営業主任になった30才の頃から交際費を捻出するために消費者金融でも借り入れを行うようになってきました。

複数社からの借り入れになり、毎月入金日のことを考えると仕事が手につかない日がありました。

借金相談前のHさんの負債額

A社 80万円(消費者金融・限度額・引き出し不可・取引期間14年)
O社 85万円(信販系・限度額・引き出し不可・取引期間16年)
S社 45万円(消費者金融・限度額・引き出し不可・取引期間5年)

新しいカードが作れなくなってしまい、毎月が自転車操業の日々です。

このままでは会社にも知られてしまうかもしれないと思い、学生時代の友人に専門家を紹介してもらいました。

「S社は減額できない可能性はありますが、将来の利息をカットしての和解を組んでみます。まずは家計をカードに頼らないように立て直しましょう」、友人の紹介ということで安心したHさんは、さっそく手続きを依頼することにしました。

手続き後のHさんの負債額

A社 取り戻した過払い金80万円
O社 取り戻した過払い金120万円
S社 45万円(減額がなかったので過払い金で元金一括返済)

S社は法定利率内の取引だったため、減額はできませんでしたが、取り戻した過払い金で一括返済を行うことができました。

 

これでHさんもまた仕事に打ち込むことができます。

ただ、友人や専門家が言うには、もう1年違っていたら取り戻した過払い金の金額はもっと多かっただろうと。

今回はたまたままだ倒産していない会社だったので過払い金を返済にあてることが可能でしたが、1年後も同様な解決ができるか、非常に疑問の残るところです。

借金相談事例一覧


サイトメニュー

司法書士

幡野 博文

認定番号第401159号・東京司法書士会所属

登録番号 東京 第1545号

電話番号

0120-963-164

東京本店

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階

営業時間

10:00~22:00

ご相談受付時間

365日 24時間受付可

求人募集