よくあるご質問

「何となく任意整理についてはわかった気がする」

「でも○○についてはどうなんだろう」など、不安や疑問は尽きないことと思います。法務手続きを難しい、取っ付きにくいとお考えの方も少なくないでしょう。

このページでは、任意整理を検討されている方からお寄せいただいた質問と回答をご紹介しています。こちらに掲載されていない質問につきましてはどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

はたの法務事務所では、ご相談者様お一人お一人の状況にあわせて、負担の少ない最善の解決策を見つけられるよう努めています。借金解決に向けてぜひお悩みをお聞かせください。

Q 返しきれないほどの多重債務を抱えています、大丈夫でしょうか?
A

金額や返済年数などの条件により、対応方法や和解内容に違いが生じます。

ともあれ、できるだけ早く専門家に相談し、解決手段を検討することが必要です。

Q 自己破産したいと思っているのですが・・・
A

定期収入がなく、家や車など全ての財産を手放すのが自己破産で、これは借金整理の最後の手段と言えます。

自己破産の前に財産を残すことができる任意整理を検討することをお勧めします。

Q 家族に借金がばれないかと心配しています。
A

金融業者からの催促や取立てが原因で借金が家族に知られてしまうことは非常に多いです。

認定司法書士に相談することで債権者は催促や取立て行為がなくなりますので家族や隣人に知られにくくなります。

Q 返済の重圧で精神的にどうにかなりそうです。
A

借金を背負った時、一番つらいのが精神的なプレッシャーです。ストレスから逃れようと現実逃避的に借金を重ねるケースもあるほどです。はたの法務では具体的、現実的に借金完済までのプランをご依頼者様と相談して作ります。具体的なメドがつくことで、借金の重圧から解放されることも少なくありません。

Q 借金の返済額が大きく生活できません。
A

借金の返済額が大きく生活できません。任意整理では生活に支障のない額を毎月返していくことができます。

通常3~5年かけての返済に決着するケースが多いようです。

Q 多額の借金で利子の返済も大きな負担です。
A

任意整理を行うことでその後、利息がつかなくなります。毎月の返済で元本を返済していけるので残高は確実に減っていきます。

Q 毎日返済催促の電話や取立てがやってきて安心できません。どうにかなりませんか?
A

認定司法書士が依頼を受けることで債権者に「受任通知」を送ります。受任通知が送られると債権者は取立てや催促することができなくなります。

Q 払いすぎていた利子は全額戻ってくるのでしょうか?
A

過払い金の返還は取引期間や交渉次第ですので、はっきりとしたことは申し上げられませんが、はたの法務では債権者に対して譲歩をせず時間をかけてでも、ご依頼者様にとって最善な結果となるよう交渉して参ります。

サイトメニュー

司法書士

幡野 博文

認定番号第401159号・東京司法書士会所属

登録番号 東京 第1545号

電話番号

0120-963-164

東京本店

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階

営業時間

10:00~22:00

ご相談受付時間

365日 24時間受付可